So-net無料ブログ作成

『八月の濡れた砂』 [映画・DVD]

何の脈絡も無いのですがふとこの映画のことを思い出しまして紹介したまでです。
いつも突然で世間の流行・話題に無頓着・気分屋のボクでした <(_ _)>

『八月の濡れた砂』は、1971年8月25日に公開された藤田敏八監督の日本映画。カラー作品/上映時間91分。 日活青春映画の最高傑作とされる。 同時上映作品は、蔵原惟二監督の『不良少女魔子』。 この2作が、ロマンポルノに移行する前の、旧体制日活最後の作品となった。


あのさわやかな青春スター村野武範が・・・びっくりされた方も多いでしょう

八月の濡れた砂

70年代に十代の夏を過ごした少年たちにとっては、青春映画の名作として忘れがたい存在。 ただし“青春グラフィティ”などと甘っちょろい肩書きが似合う作品ではない。 校長を殴って放校処分になった少年が、友人に童貞喪失をそそのかし、同級生だった少女の股間をまさぐりナポレオンをがぶ飲みし、唐突に通りすがりの女性を犯し、あげくの果ては義理の父親をライフルで恐喝してヨットを奪い、洋上で顔見知りの女性を強姦する。 とんでもないガキの夏の日を描いた作品である。 それでもこの映画が未だ愛され続けているのは、十代の時に誰もが抱く反逆的願望をかなえていることもさることながら、夏の終わりという感傷的な季節をドラマチックに彩って見せたのが大きいのではないか。 つまりこの映画の本質はファンタジーなのだ。 故にラストでヨットが沈むことを気にする必要などないのである。(斉藤守彦)







下記をクリックすると映画のラストシーンに飛びますが不適切(レイプシーン)な映像と感じられる方がいると思います(特に女性)。
しかし全体を通して観るとどうしても無くてはならないシーンだということが分かります。
表現の自由と映画という芸術性を評価して頂ければ嬉しく思います


*気分を害されそうな方はクリックをお控えください!!

『八月の濡れた砂』ラストシーンと石川セリがけだるく謳う主題歌が圧倒的な【刹那】を演出している
主題歌は現在井上陽水の奥様である「石川セリ」さん
この曲を聴くと胸を締め付けられる人も多いのではないでしょうか?

♪ 私の海を まっ赤に染めて
♪ 夕日が血潮を 流しているの
♪ あの夏の 光と影は
♪ どこへ行ってしまったの



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。